弁護士に依頼する費用

2016-11-24 @ 08:45 PM

離婚をする際に弁護士に依頼するような場合には、弁護士費用について詳しく知らなければ行けません。弁護士費用は弁護士事務所によって大きく異なりますんでどのような内容で費用が発生するのかを確認する必要があります。

参考程度に一般的な弁護士費用についてご紹介すると、離婚の際の弁護士費用は、離婚する際に必用な手続きであったり、依頼主の代りに相手側との交渉を行ったり、離婚に対するアドバイスをする本来の弁護士業務に対して支払う費用と。財産分与や養育費、真剣などにかかる弁護士費用の二つに分かれて請求されています。

弁護士事務所によって、財産分与がある場合には、着手金に財産分与分の費用がプラスされる場合と、着手金にはプラスされませんが、報酬金といった形で弁護士費用にプラスされるケースがあります。一般的な弁護士事務所の場合には、獲得した総額に対して報酬金が10パーセントから20パーセントになっておりますので、財産分与として1000万円を受け取った場合には、報酬金が10パーセントになっていた場合には、報酬金だけで100万円を支払う事になります。東京都内の弁護士事務所の場合には、着手金と報酬金の合計が50万以上の所がありますので、合計すると150万円を支払う事になります。